DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:山旅
「郷土富士に登ろう!」第3弾として、広島市南区の似島(にのしま)にある安芸小富士に登って来ました。
ご一緒してくださったのは地元代表まっちゃん部長さんです。

似島は橋のかかっていない小島なので宇品の広島港からフェリーで渡らなければなりません。

涼しいうちに登ってしまいたいのと、午後から雨予報だったため始発の便で出発です。

片道380円を支払いフェリーに乗り込みます。
甲板からも安芸小富士が眺められます。

6:50 似島港に到着。

港を出て目の前の道路を左折してすぐに登山口の案内看板が見えます。
案内に従って曲がると…
こんな裏道に(笑)

路地を抜けると更に裏路地へ誘導され…

ようやくコンクリート舗装された登山道になりました。

舗装路が途切れると竹藪の林に変わり、山腹をぐんぐん登ります。

竹藪が途切れ、安芸小富士の尾根に到着です。
尾根道は滑りやすい真砂土なので、歩くのに非常に気を使います。
山頂付近は花崗岩の岩肌を登るので、抜群に眺めが良いですね。

港から30分で安芸小富士(278m)山頂に到着!

ちょっとガスってて残念でしたが、それでも山頂からは広島の市内がすべて一望出来ます。
なかなか海側から眺められる景色ではないので、貴重な体験かもしれません。

さて、さすがにコレだけでは物足りないだろう…
というコトで、部長の提案で南側に見える あの山にも行ってみることにします。

尾根道を戻り、登ってきた方向とは反対の東側へ降りて行きます。

「似島臨海少年自然の家」に出ました。

車道をぐるっと巻いて、直登ルート登山口のある「似島中学校」のグラウンド裏まで歩きます。
この下高山を登りたい…のですが、登山道が途中で消えてしまっていてルートを見失いました(汗)

一旦、県営住宅まで戻り似島峠を歩きます。
峠の真ん中に案内看板を見つけました!

下高山の山腹を巻くように歩き…

本体尾根へ取り付き 3っつほどピークを越えて大岩が見えると…

その先が山頂です。

下高山(203m)山頂の向こうに先ほど登った安芸小富士が見えます。

南を向くと、目の前に江田島が手に届く距離にあります。

西には宮島が薄っすらと見えます。
来た道を引き返し、峠を西へ降りると似島港まですぐに戻れました。

10:15発のフェリーに乗り込み似島とお別れです。

安芸小富士が瀬戸内の水面に写り、逆さ富士になっていました。
標高は低いけど、やっぱり立派な富士山ですね♪

20分ほどで宇品に到着。
思ってた以上に景色が美しい山で、早起きして登りに来た甲斐がありました。
お付き合いくださった まっちゃん部長さん、本当にありがとうございました!
これで郷土富士3県制覇です(笑)


【山旅ロガーの記録】
総歩行距離 9.0Km
歩行時間 2時間50分(休憩含む)
積算標高差 480m

<< φ(.. )ジェシーの旦那が投稿>>


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 やわらかい風 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。