DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:山旅
6月9日(土)の部活動は島根県飯石町頓原にある大万木山(おおよろぎさん)に登ってきました。
3つのコースのうち、左に大きく迂回して登る「滝見コース」で山頂まで行き、真ん中の「権現コース」にて直接 麓まで降りて行くルートを選択。
集合場所である「門坂駐車場」に到着するも、淡い期待は見事に裏切られ、結局 前日からの雨が降り止むことはありませんでした…

とりあえずモンベルのストームクルーザーを着込んで10:00 「滝見コース」登山口を出発です。
何故か今回は撮った写真が全てブレまくりです(汗)
どうかご了承くださいo(_ _)o

10:20 最初の見所である『権現滝』に到着です。
かなりの水量で、凄い迫力です!
この時だけは雨天に感謝しました(笑)

山頂付近はサンカヨウの群生地として有名なのだそうです。
当然、花の見頃はとっくに過ぎておりました。

霧が濃くてカメラを出す気にもなれず、道中を端折って11:40イキナリ山頂に到着(笑)

大万木山(1.218m)
往路は3.0Kmほど歩きました。
山頂といっても周囲を立木が完全に覆っているので展望は全くありません(笑)
諦めて濃霧の中でランチタイム♪
雨は止んだので、見た目ほど大変ではありませんでした。

12:25 帰路の「権現コース」へ出発。
案内標識に偽りなし!
まさにこの角度のままの急斜面を下る事になろうとは、この時点でまだ知る由もありませんでした…

12:27 もう一つの見所である『大ブナの樹』に到着。
この樹を見るためにココまで登って来たと言っても過言ではありません。
根本からタコが逆立ちしたように何本もの幹を出しているのが特徴的なブナの老木。
大人が4人で輪を作っても届かないほどの太さです。
素晴らしいブナの樹に出会えて感動しました!
ブナの幹に付いていたキノコです。(ブナシメジ?)

さて、復路の下りはココからが本番。
突然、登山道が細くなり斜度がグンッと上がります。
ストックを突いても雨で泥濘んだ地面が足を滑らせてブレーキが効かず何度も転びそうになります。
何とか踏ん張って下山していると、立派な岩壁の洞窟に小さな祠が見えました。
権現コースの由来にもなっている『大万木山権現』様でした。
よっちーさんは祠までよじ登って参拝されてましたが、わたしは下から見上げるだけ。
この信心の差が後から悲惨な結果を生むとは…

権現様を後にして少し下ると、鎖場ならぬ「ロープ場」に行き当たりました。
上から見下ろすと3mくらいはありそうな、ほぼ垂直の岩場です。
まぁ、ロープに掴めば何とか降りられるかな♪
なんて気楽に考えて一歩踏み出した途端にツルンッ!えっ!?
泥でヌルヌルしたロープはグリップが全く効かず、踏み込んだ岩もツルッツル(泣)
見事に2mくらい滑り落ちてしまいました。
幸い怪我は無かったのですが、一張羅だったジェケットの肘を岩にぶつけて破ってしまい、気分はドヨ~ン…(´д`lll)

ショックから踏ん張り続けてた足の筋肉も情けなく力を失い、横手ルートの分岐までに3回は滑ってコケました。

そんなこんなで横手ルートを北へ進み13:50登山口に到着。
まさに「行きは良い良い、帰りは怖い」な登山でした。
詳しくはご一緒してくださった広報担当よっちーさんのブログを御覧ください。

初めての雨登山でしたが、今回は学ぶことが多かったです。
まっちゃん部長さん、よっちーさん 今回もありがとうございました。

そろそろナイトハイクになりますかね?
準備を整えておきますので また、よろしくお願いします(*^ー^)ノ


大万木山【山旅ロガーの測定記録】

積算標高差 520m
累積距離 5.0km 
歩行時間 3時間50分(休憩含む)




<< φ(.. )ジェシーの旦那 >>






















スポンサーサイト
コメント

1. 無題

雨の日のアウトドアは、経験値が大幅にUPしますが、トラブル率も大幅にUPなんですよね(;´▽`A``

ジャケット残念でしたね(ノ_-。) でも、確かモンベルは補修が上手かった記憶がありますんで、度合いにも寄りますが、よ~く見ないと分からない程に直してくれると思いますよぉ~!

修理代も「え!?こんなに安くていいの?」ってぐらいに実費だけの請求でしたしね。

雨の日の鎖(ロープ)場、自分もついついロープに頼って降りてしまうこともありますが、基本的には設置ロープは補助ですので、足場を確実に確認しつつ気をつけて降りなくてはですよね(^^ゞ

ま、自分は今回、もっと初歩的なミスで怪我しちゃったので偉そうなことは言えませんが(^▽^;)

次はナイトハイクですかぁ?(*^▽^*) ヘッデンは用意しましたかぁ?(^O^)/ ナイトハイクデビュー記事、楽しみにしてます('-^*)/

2. 島根の山いいですね

 私も今年 大万木山に行きたいと考えていました。鯛ノ巣山とセットにするか、女亀山にするかなど、悩んでいます。サンカヨウが多いんですね。黒い実がみれるかも。。。
参考になります。
 o(^▽^)oあの大きな木は撮影したいものです。
クサリ場もあるなら用心します。
いつ行けるかなぁ。

3. 無題

雨も大したことがなくて、涼しい登山ができましたね。
ジャケットは残念でしょうが、補修してがんがん使えるジャケットとして(笑)
どんどんステップアップして、今年の目標のあそこへ行きましょうね(^0^)

4. 無題

雨ですかΣ(゚д゚lll)
お疲れ様ですd(^_^o)


でも、今回の雨の写真が1番幻想的で好きですd(^_^o)

もののけ姫に出てきそうですね( ´ ▽ ` )ノ

5. あつしさん

いつも有難いコメントありがとうございますm(_ _)m

確かに初の雨登山でトラブルもありましたが、その分 次回に繋げられる経験を積めたと思います。
とりあえず週末までに足の筋肉痛を治さなきゃですが(^▽^;)

やはり補修はモンベルに出したほうが良さそうですね(^-^)
せっかくなので破れたジャケットは惜しげなくガンガン使い倒したいと思います(^_^)v

ヘッ電は購入済みですよん(^~^)
が、通常とは違う使い方をするので 今ちょっと手直ししていますf^_^;
また近いうちに記事にするかも?!

6. 山道歩さん

コメントありがとうございます(*^▽^*)

大万木山はオススメですよ♪
島根県の山の中でもトップレベルの非常によく整備された登山道があり、コースも豊富で飽きさせません('-^*)/

ハシゴされるのなら、三次から高野へ入って国道432号を県境まで北上し、王貫峠の手前で左折して奥まで進むと新生坊峠の分岐があります。
左折して林道大万木線を奥まで進むと行き止まりになりますので、そこから登ると「滝見コース」を半分ほどショートカットして1時間足らずで登れますよ(^_^)v

鯛ノ巣山へは新生坊峠まで引き返して、展望台にクルマを停め、一旦 毛無山まで登り尾根伝いに進むと鯛ノ巣山山頂に行けます。

植生が豊富で歩いていてホントに気持ち良い山ですので、ぜひ行って見られてください(o^-')b

7. よっちさん

まだ鑓には早すぎるでしょ?(笑)

いや、ホント予想外に涼しくて快適な登山でした(^-^)
もともと展望の悪い山頂なので、今回のような天候で登るには持って来いの山だったような気がします(^▽^;)

今回もご一緒して頂き、ありがとうございました(*^ー^)ノ
また、ヨロシクで~す(^ε^)

8. 吉野屋さん

するどい!
じつは「もののけ姫」の舞台は比婆山を中心とした奥出雲の周辺なんですよ(o^-')b

原画の参考にされたのは屋久島ですが、ストーリーは「たたら製鉄」が盛んだった頃の奥出雲です。

ちなみに、この辺りってやたらと「毛無山」という名前の山が多いですよね?
たたら製鉄には大量の木炭が必要とされるそうです。
木炭の材料はブナなどの広葉樹なので、昔は伐採で禿げてしまった山が沢山できたそうです。
なので「毛無山」があちこちにあるそうなんですよ。

そんな予備知識を得てから登ると、また違った目線で登山を楽しめるかもしれませんね(*^ー^)ノ


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 やわらかい風 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。